ホーム » 雑記 » サラリーマンが起業する為に必要な心持ち

サラリーマンが起業する為に必要な心持ち


有給休暇消化3日目。

 

1日2日と呑んだくれたツケが回ってきたのか、朝から爆睡状態でございました。

 

ちょっと大げさに聞こえるかもですが、これまでの、43年間の人生の中で、今ほど気が楽な時間を過ごしていたことは無い、と実感してします。

 

幼少の頃でも、それこそ両親が不仲であった為、「いつ離婚するんだろう?」みたいなカワイイ不安があったりしたもんですが(笑)今はそんな不安も無いし。

 

あ、でも、こんなボクの生活を見て、すでに女房がイラつきはじめているので、ちょっとは演技しないとマズイかもですがね。

 

寝てても給料が貰える時間なんて、そうは無いですし、ボクの場合は、これまでも、そしてこれからも、
もう絶対に無いんですから・・・

 

ちょっとは目をツブッてくれても良いと思うんですがねえ。


サラリーマンを辞めることを推奨などしませんぜ。

 

さて、先日の記事をご覧になった読者さまから、ご感想をいくつか頂戴いたしました。

 

共通しているのは、当然と言えば当然かもですけど、妻子あるサラリーマンアフィリエイターの方から、
ということ。

 

みなさん、現在の立場に、不安や不満がおありのようで、ボクが退職したことに、少なからず刺激をお受けになられたご様子です。

 

中には、東証一部上場企業の管理職という立場の方も。

 

そんな方々に、ボクが今お伝えしたいのは、決してサラリーマンを辞めることを推奨はしていない。

 

ってことです。

 

みつおのご挨拶メールから察して下さい。

 

もしかすると、今後も誤解を招いてしまうかもですので、ここで念押しをしておきますが、ボクが前回の記事で、退職したことを書いたのは、決してあなたに、独立を推奨しているワケではありません。

 

さあ、あなたもネットビジネスで自由を手に入れましょう。

みたいなことを、平気で説く似非者が、この業界には掃いて捨てても湧き出てくるほどおりますので、同じ目で見られてしまう懸念があり、ちょっと心配なんですがw

 

会社勤めが悪、独立が正義。

 

そんな定義は全くありませんからね。

 

少なくとも、ボクが会社を辞めたのは、もう自分スキルが、本業の業界で通用しない。

 

と、判断した為です。

 

会社を批判するワケでも、上司が嫌いなワケでも無く、自分の力不足を感じたってこと。

 

ここを誤解しないようにして下さいね。

 

で、そんな心情を綴りました、一部の社員へ向けたメールを、ここでご紹介しておきましょう。

 

 


 

お疲れ様です。

役員のお偉いさん方へは、教科書通りのご挨拶をさせていただきましたが、皆さまには、もうちょっと砕けた感じ、言うならば「みつおさんらしい」って感じて貰えるようなご挨拶で、締めたいと思います。

 

退職理由については、このメールを受け取っている方の何名かには、すでに直接お伝えしているのですが、直接的な理由は、

 

「自分の能力に限界を感じてしまった」

 

本当にこれだけです。

 

背景には、子供が手を離れたので、肩の荷が降りた、という部分もあるんですけどね。

 

この業界は、今後ますます淘汰の時代になることと予想しますが、その時流に対応していく為には、自らのスキルを上げて行かねばならないと思うのです。

 

でも、私はその意気にならなかった。なれなかった。

 

何故ならば、

 

「そもそも私はこの業界に向いていないから」

 

なんです。

 

私は、18歳の時、「食うため」に㈱●●●に入りました。

 

車が好きだからとか、販売とか整備が好きだからとかでは無く、かと言って、やりたいことがあるワケでも無いし、でも、食ってく為には、何か仕事はしないとイカンと。

 

そこで選んだ会社が㈱●●●でした。

 

日々厳しくなる事業環境において、時流に対応していくにあたり、これまでよりも、更にスキルを上げていかねばなりません。

 

ってことは、どうしたって、

 

「この業界の事を、自分自身が好きにならないければ難しい」

 

と、私は思うわけです。

 

今までは、本当に出会いに恵まれて、こんな私でも、まあまあ上手く時代に乗れてこれましたが、今までやってきて、好きになれなかった業界を、これから好きになれるか?

 

自問自答を繰り返しましたが、答えはNOでした。

 

なので、私はギブアップ。

 

平たく言えば、逃げるんです(笑)

 

そんな私ですが、入社は自分で決めた事ですし、やってる(在籍している)限りは、全力で取り組まなきゃ嘘だ、という思いは常に持ってましたから、続けているうちに、

 

・小売りの楽しさ辛さ
・整備の面白さ難しさ
・マネジメントのやりがいとややこしさ

 

これらを経験上で味わって、成長していって、この業界では無く、㈱●●●が好きになっていったんですね。

 

だから、今でも大好きなんですよ。㈱●●●のことは。

 

時流がこうならなければ、まだまだ図々しく居座らせていただいたと思うのですが、いつの時代も、それは叶わぬ願いです。

 

この辺で、ドロンさせていただきます(^^)

 

ということで、みなさまには大変お世話になりました。

 

皆々様のご健勝とご多幸を、心からお祈り致しております。

 

 


思考は常に自責であるべき

 

人って本当に弱い生き物ですから、意識は放っておくと、ついつい楽な方へ向きがちです。

 

でもボクは、

 

楽な方を選択する人生では、絶対に成功が無い。

 

これはもう真理だと思っています。

 

問題が起きたとき、人のせいとか、会社のせいとかにするのではなく、全て自分に目を向けることが大事だと。

 

これって、凄いエネルギーが必要なんですが、そういう発想で無いと、少なくとも人として成長しないんです。

 

社内向けのメールに書いた内容ですが、ボクは別に恰好付けて言っているワケでは無く、とにかく、ぶら下がりで在籍することは嫌だったの。

 

自分で自分のスキルに見切りをつけたのですから、とっとと身を引くべきだと。

 

潔が良すぎるとか、そんな綺麗事ばかりじゃとか、いろいろと言う人がいましたけど、これはボクの信念の部分ですからね。

 

そして、これからは、専業としてネットビジネスに取り組むワケですが、絶対に1度や2度は、

 

「ああ、サラリーマンの時の方が良かったかなあ」

 

なんていう思いがよぎることがあるでしょう。

 

 

それだけ、サラリーマンっていうのは、魅力的な商売だとボクは思っています。

 

「安定した収入」

 

という部分で見れば。ですね。

 

 

でもボクは、もうそこには居られないと自覚して、こっちの業界に、完全に籍を移しました。

 

誰に強いられたワケでも無く、全て自分で決めたことです。

 

成功しても、失敗しても、全て自分に降りかかる、安定は無いけど、夢がある。

 

こちとら、今年で44歳になるおっさんですから、夢ばっかり見ているワケじゃあナイんですぜw

 

ボクはこれからも、自責の念を常に持ち、この業界で生きていきます。

 

もし、あなたが独立を果たしたいとお考えであれば、しばしみつおの動向を見守ってからでも、遅くは無いかもですよ。

 

 

 

みつおへメールしてみる?


 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

管理人のみつおです。

ネットビジネスを始めて丸12年。

転売からはじまり、アフィリエイト、情報販売、ツール販売、そしてコンサル業務と経てきたら、気がつくと自分の会社が出来てました。

この業界、とかくサラリーマンに対し、社畜という表現で、「ネットこそ最高のビジネス環境」という印象を持たされ、起業などを薦められますが、 会社勤めをしながらでも、小遣い程度のお金になら、100%困ることの無いスキルは身に付けられます。

そこから先は、あなたの考え方と、何よりも行動次第です。

論より証拠。
みつおの略歴を見てって下さい♪みつおの略歴

メールフォーム

アフィリエイトに関する事はもちろん、オークション含めネットビジネス全般の事はお気軽にメール下さいね(^^♪
(通常は即日即時お返事してます♪)
みつお公式ツイッター
メルマガ登録はこちら

無料レポートのパスワードは
メルマガに記載されています♪
みつおの特選コンテンツ
記事を書かないでも稼げる
ツール屋みつおのガチ推しツール
PSWバージョン2も絶好調
1000%稼げる即金ノウハウ
サイト内検索
カテゴリー
アーカイブ
最新記事20