ホーム » ネットビジネス初心者向け » アドセンス審査に関するネット上の情報が当てにならないことの証明

アドセンス審査に関するネット上の情報が当てにならないことの証明


本日早朝、Nさんからメッセージが届きました。

 

内容はもちろん、アドセンスの審査結果について。

 

アドセンス審査不合格対策 みつおの二の矢とは?

 

結果は、またしても不合格。。。

 

みつおが放った二の矢は、見事にはじき返されてしまいました。

 

Nさんからは

 

正直、あの完成度で不合格は流石におかしいです。

 

とのお言葉もいただいたのですが、結果は結果。

 

考え得る全ての策を施したのですが、ボクの発想力が足りない、ということですね。

 

実際ボクには、これ以上の策が思いつきません。

 

まだ予約投稿が数本残っていますので、Nさんにはそれらが全て投稿された後、再申請をしていただくことをお願いしました。

 

手を抜いたワケじゃあありません。

 

それにしても、一体何が原因なのか?さっぱりわかりません。

 

いや、さっぱりわからないというよりは、原因自体はわかっています。

 

原因は間違いなく、コンテンツが「有用性の低いコンテンツ」と判定されたことでしょう。

 

しかし、先月ボク自身が書いた同様のコンテンツでは、合格したにも関わらず、Nさんのサイトでは不合格、という理由がさっぱりわからんのです。

 

もちろん「自分のサイトじゃあ無いから手を抜いた」なんてことはありませんよ。

 

それを証明するために、Nさんにはボクの合格したサイトのURLを、お伝えしていますからね。

 

また、同じ人間が同じジャンルのコンテンツを書いたワケですが、ジャンル的に内容が絶対に被らない物なんです。

 

ですから当然、コピーコンテンツ判定を食らうワケはありません。

 

だからナゾ。実に謎です。

 

今回のキャンペーンでわかったこと。

 

このジャンルでコンテンツを書き、全てのサイトが合格出来れば、どんな人でもアドセンスサイトを所有することが出来ます。

 

そうなれば、アクセスゲッターのこれ以上ない販促になると考え、はじめたキャンペーンだったんですが…

 

どうやら結果は玉砕に終わりそうです(涙

 

まあ、そもそもボクみたいな人間が全て理解(推測)出来るほど、グーグルの仕様がわかりやすいハズが無いんですけどね。

 

まただからこそ、アドセンスの合格に関する情報は、多岐に渡って混在しているのでしょう。

 

ただ、今回の件でひとつわかったこと。

 

それは繰り返しになりますが、世に出回っている、アドセンスの審査合格に関する全ての情報は、結局「当てにならない」ってことですな。

 

 

みつおへメールしてみる?


 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

管理人のみつおです。

ネットビジネスを始めて丸12年。

転売からはじまり、アフィリエイト、情報販売、ツール販売、そしてコンサル業務と経てきたら、気がつくと自分の会社が出来てました。

この業界、とかくサラリーマンに対し、社畜という表現で、「ネットこそ最高のビジネス環境」という印象を持たされ、起業などを薦められますが、 会社勤めをしながらでも、小遣い程度のお金になら、100%困ることの無いスキルは身に付けられます。

そこから先は、あなたの考え方と、何よりも行動次第です。

論より証拠。
みつおの略歴を見てって下さい♪みつおの略歴

メールフォーム

アフィリエイトに関する事はもちろん、オークション含めネットビジネス全般の事はお気軽にメール下さいね(^^♪
(通常は即日即時お返事してます♪)
みつお公式ツイッター
メルマガ登録はこちら

無料レポートのパスワードは
メルマガに記載されています♪
みつおの特選コンテンツ
記事を書かないでも稼げる
ツール屋みつおのガチ推しツール
PSWバージョン2も絶好調
1000%稼げる即金ノウハウ
サイト内検索
カテゴリー
アーカイブ
最新記事20