ホーム » ネットビジネス初心者向け » 【初心者向け】ドメインを取得したらDNSを変更しよう

【初心者向け】ドメインを取得したらDNSを変更しよう


初心者向けコンテンツシリーズの3回目。

 

前回までで、レンタルサーバーの契約と、独自ドメインの取得が完了しました。

【初心者向け】レンタルサーバーの選び方



【初心者向け】ネットビジネスにおける正しいドメインの選び方



 

次にあなたがやるべきこと、それは取得したドメインとサーバーの紐付け作業です。

 

ドメインを取得後はDNSを変更してサーバーと紐付けしよう

 

ここで登場するのがDNSという言葉。

 

これまでの日常(オフラインの環境)では、まず目にしない言葉です。

 

こーゆー難しそうな用語が登場すると、なんとなく意気消沈しがちですよね?

 

只、やってしまえばなんてことのない作業ですし、理屈がわかれば「やらなきゃいけない作業なんだな」とも思えるハズ。

 

臆することなく、やってみましょう。

 

DNSを変更する理由

 

まず、なぜDNSを変更する必要があるのか?

 

ここを理解しましょう。

 

DNSを変更する理由、それはあなたが契約したレンタルサーバーで、あなたが取得したドメインを使うことを、ドメイン管理会社のシステムに知らせるためです。

 

例えばボクが、お名前ドットコムで下記ドメインを取得したとしましょう。

 

mitsuo.com

 

今の段階では、このドメインはお名前ドットコムの管轄なので、DNSは

 

【01.dnsv.jp

 

こんな感じで設定されています。

 

このままでは、ドメインをサーバーに登録しても、管轄がお名前ドットコムなので、サイトを作ったところで、ブラウザに反映しないんですね。

 

そこで、使うサーバーのDNSに、変更する作業が必要になります。

 

例えば、ボクがこのドメインを使うのが、エックスサーバーだとすると、

 

【ns1.xserver.jp

 

このように設定する必要があります。

 

サーバー毎のDNSの調べ方

 

このように、サーバー毎にDNSの設定を変更する必要があるのですが、そこで問題なのが「自分のサーバーのDNSって何なの?」ってところでしょう。

 

只これは、サーバーのヘルプを見たり、「サーバー名+DNS」とかで検索すれば、すぐに答えが見つかります。

 

さくらサーバー


 

ヘテムルサーバー


 

エックスサーバー


 

こんな感じですね。

 

※複数ある場合は、1と2を選択しておけば問題ありません。

 

 

まとめ

 

今日はDNSの変更(設定)方法をお伝えしました。

 

なぜDNSを設定しなければいけないのか?

 

それはブラウザを通して、あなたのサイト(コンテンツ)を閲覧できるようにすることでしたよね?

 

ここを理解しておけば、複数ドメインを取得した際、あるいは複数サーバーを契約した時などに、「なんでサイトが反映されないの?」って焦ることも無くなるでしょう。

 

てか、ボクが駆け出しのころ、何度もこういう焦りを味わっていましたので(笑)

 

今日の記事が、あなたのお役にたてば幸いです。

 

 

みつおへメールしてみる?

 


 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

管理人のみつおです。

ネットビジネスを始めて丸10年。

転売からはじまり、アフィリエイト、情報販売、ツール販売、そしてコンサル業務と経てきたら、気がつくと自分の会社が出来てました。

この業界、とかくサラリーマンに対し、社畜という表現で、「ネットこそ最高のビジネス環境」という印象を持たされ、起業などを薦められますが、 会社勤めをしながらでも、小遣い程度のお金になら、100%困ることの無いスキルは身に付けられます。

そこから先は、あなたの考え方と、何よりも行動次第です。

論より証拠。
みつおの略歴を見てって下さい♪みつおの略歴

メールフォーム

アフィリエイトに関する事はもちろん、オークション含めネットビジネス全般の事はお気軽にメール下さいね(^^♪
(通常は即日即時お返事してます♪)
メルマガ登録はこちら

無料レポートのパスワードは
メルマガに記載されています♪
みつおの特選コンテンツ
記事を書かないでも稼げる
ツール屋みつおのガチ推しツール
PSWバージョン2も絶好調
1000%稼げる即金ノウハウ
サイト内検索
カテゴリー
アーカイブ
最新記事20