ホーム » 情報商材 » 

アフィリエイトサイトの量産に取り組んでいるなら知っておくべきこと


前回に続いて、今日も

自分はこんなに頑張っているのに稼げない

そう考えている、特にアフィリエイトの量産戦術に取り組むあなたに向けて、お届けします。

 

 

山根浩二さんの私小説

 

業界内でも数少ない、みつおが信頼を寄せる、情報発信者の山根浩二さん。

 

彼が確か「サイトアフィリライティング寄席」を発表したときだったでしょうか。

 

購入者サイトに、1つのコラムが用意されていました。

いや、コラムというより、短編の私小説といったほうがよいかも。

 

最初は斜め読みだったのが、読んでいるうちに、グイグイ引き寄せられていったことを覚えています。

 

その内容を、ざっくりお伝えするとこんな感じ。

 

■登場人物

・主人公(恐らく山根さんご自身)

・主人公の奥様

・奥様の母親

 

■ストーリー

・奇行癖のある主人公は、社会に適合できず、勤めていた会社を退職する。

・アフィリエイトの存在を知る。

・奥様を説得し、期間(確か半年くらい)と目標(月収100万円)を決めて、携帯アフィリエイトの実践を開始する。

・一向に成果は出ないが、主人公はもくもくと作業を続ける。

・奥様はその姿をみて呆れ始める。

・奥様にも奇行が見られるようになる。

・主人公は気にせず、アフィリエイト作業に没頭するが、期限が迫ってくる。

・期限直前に初報酬「50円」を得る。

・奥様に自慢するが、奥様は家を出て行かれてしまう。

・主人公は奥様の母親と話をし、茫然とするも、アフィリエイト作業は継続する。

・その努力が報われ、生活できるレベル以上の報酬を得られるようになる。

・奥様から帰って来たいと持ちかけられる。

・その持ち掛けを拒否し、主人公は夜の街に消えていく。

「私の経験です」と明言されていなかったので、主人公が山根さんであるとは言い切れません。

 

しかし、あまりにもリアルな情景描写に、そう思わざるを得ない内容でした。

 

 

50円の報酬から主人公が発想したこと

 

ちょっと切ないお話でしたが、ボクは何も成功するには、何か(誰か)を犠牲にしなければならない、っていいたいワケじゃあないですよ。

 

ボクが今日、この私小説を紹介した理由。

 

それは、主人公が50円の初報酬を得たとき

「どんな発想に至ったのか」

これをあなたに伝えたいんです。

 

主人公は、半年間で数百個、いや千個以上かもしれない携帯サイトを作りました。

 

その中からたった1つだけ、成果が出たんです。

 

50円。

 

これ、アフィリエイトを知らない人が聞いたら、飽きれる金額ですよね。

ていうか、アフィリエイトを知っている人が聞いても、どうなの?って思う金額かも知れません。

 

でも主人公は、こう思ったんです。

「やった、これと同じようなサイトを、あと20000個作れば良いんだ」

 

この発想、世間一般の方たちが知ったら、ドMといわれる可能性が高いです。

また正直、この言葉を聞いた奥様が、出ていかれてしまうのも理解できます。

 

 

しかしですね。

 

アフィリエイトを量産戦術でいくなら、この発想(思考)を見習うべきです。

 

途中であきらめるなら、量産戦術なんて、ホント最初からやらないほうがいいです。

だって得られるもの、成長が期待できるスキルなんて、何にもないんですから。

 

せいぜいドМ度が増すくらいでしょう。

 

・やるなら徹底的にやる。

・成果が出るまでやめない。

 

一般的な手法でも、量産戦術でも、アフィリエイトに取り組むなら、この気概は絶対にもつべきですよ。

 

結局「努力」といえるのは、実績(他者からの評価)しかないんです。

 

プロ野球選手は、素振りを繰り返します。

 

・レギュラーの座を掴むために

・明日ヒットを打つために

 

しかし、結果が伴わなければ、給料には反映しません。

 

でも

打てなかったら給料もらえないんだから素振りなんかしない

なんていう選手はひとりもいないでしょ?

 

形式上で、給料という名の報酬をもらってはいますが、プロ野球選手はみな個人事業主。

自分の給料は自分で稼ぐしかないんです。

 

そして、我々はプロ野球選手ではありませんが、アフィリエイトという事業を営む、ひとりの個人事業主です。

 

報われるためには、プロ野球選手同様、日々の積み重ねが必要ってことですね。

 

 

最後に

 

かつて世界のホームラン王である、王貞治さんはこういいました。

 

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない

 

まさにそのとおりだと感じる、今日この頃でございます。

 

 

 

みつおへメールしてみる?

 


メルマガ会員様募集中です♪

ブログで自称「がんばっている」という人ほど稼げない理由


「自分はこんなに頑張っているのに稼げない」

 

このテーマは、2回に分けてお届けしようと思います。

 

まず今日は一般的な手法、つまり自分で記事(コンテンツ)を書いて、ネットビジネスに取り組んでいるあなたに向けて。

 

人はなぜ美容院(床屋)に行くのか?

 

いきなりですが、あなたは人がなぜ美容院(床屋)に行くのか、考えたことありますか?

 

髪を切るとか染めるため

 

一般的にはそう答える人が多いと思います。

 

もちろんそれは正しい答えなのですが、ビジネス脳で考えると、100%正解とはいえません。

 

人が美容院にいく理由。

 

それは、髪の毛を整えたあとの生活を、豊かにするためです。

 

例えば女性の場合、友人の結婚式の前に、美容院にいくことが多いですよね?

 

それって、結婚式という晴れ舞台に参加させていただくお相手に、失礼がないようにという気遣いでしょう。

 

あるいは、久しぶりに会う人に、多少なりとも自分を小綺麗な容姿にみせたい、という欲求もあるかもしれません。

 

では、同じような質問をもうひとつ。

 

人はなぜ病院にいくのでしょう?

 

これはさっきの答えを見れば、もうわかりますよね。

 

年寄りの中には、すき好んで病院に行くって人もいますが、大抵は行きたくて行くワケじゃあありません。

 

人が病院に行く最も大きな理由。

 

それは、お医者さんに治療をしてもらう、あるいは薬を処方してもらうためです。

 

でもそれって、とどのつまり、病気になる前の健康な状態を取り戻すためにする行為ですよね。

 

つまり美容院も病院も、行ったあと人に「もたらされる良いこと」を、提供する場ってことです。

 

何かをした(された)後に、もたらせる良いこと。

 

これをビジネスでは、「ベネフィット」と呼んでいます。

 

メリットとベネフィットの違いを把握しましょう。

 

ベネフィットと似た言葉で、メリットという言葉があります。

 

メリットとは、その商品なりサービスの特徴であり長所です。

 

例えば美容院のサイトでは、こんなコピーをよく目にします。

 

・独立されたシャンプーブースを用意しています。

 

・最新のフルフラットyumeシャンプーを導入しています。

 

・アロマで癒しの空間を演出しています。

 

・初めての方も心落ち着く美容室です。

 

・経験豊富な美容師が揃っています。

 

・お子様連れも大歓迎です。

 

・駅近で●●駅から徒歩2分です。

 

また、病院のサイト、例えば眼科さんなら、こんなことをアピールしますよね。

 

・当院の白内障手術は日帰りで可能です

 

・最新の近視手術ICLで施術します。

 

・充実の最新機器を導入しています。

 

これらは全てメリットです。

 

メリットは、商品なりサービスを訴求する上で、必ず打ち出す必要があります。

 

だからLP、いわゆる公式サイトでは、何かしらのメリットが絶対に表現されているんです。

 

でも、これらのメリットって、あなたにどう映ります?

 

例えば、美容院でいうところの

 

「フルフラットyumeシャンプーって何なの?」

 

と、まずは思いますよね?

 

また、病院でいうところの

 

「ICLって何よ?」

 

と思うじゃあないですか。

 

つまり、メリットだけの打ち出しじゃあ、見る側には伝わらないことが多いワケ。

 

そしてユーザーが最も知りたいのは、その商品とかサービスのメリットではなく、ベネフィットなんです。

 

今日の冒頭で書いたとおり、もしあなたが

 

自分はこんなに頑張っているのに稼げない

 

と考えているのであれば、メリットの説明だけに終始していないか?

 

一度見直してみると良いと思いますよ。

 

 

 

みつおへメールしてみる?

 


メルマガ会員様募集中です♪

ブログ記事の書き方【伝えたいのは誰?】超初心者向け文章講座


前回はネットビジネス、特にサイト(ブログ)アフィリエイトを行う際、利用すべきツールについてお伝えしました。

 

それらを駆使して、いざ記事を書こうと思った際、何をどう書けばよいのか?

 

あなたが、ブログ記事を書いたことのない超初心者だとしたら、思い悩むところだと思います。

 

そこで今日は、そんなあなたに向けて、ブログ記事の書き方を0から始める場合、意識すべきポイントを5つお伝えします。

 

ブログ記事は一人に向けて書く。

 

ちょっとアフィリエイトを勉強すると、必ず耳にするのがこれ。

 

ペルソナ(persona)

 

ペルソナとは、マーケティングにおいて活用される考え方です。

 

この意味をわかりやすく言えば、ある商品の購入者はどのような人間か。

 

それを具体的にビジョン化することです。

 

ペルソナを意識し、作成してから記事(コンテンツ)を入れることにより、読者に刺さりやすい文章になるのは間違いありません。

 

ただですね、これを超初心者のうちから、意識することはないんです。

 

だって、これ意識しちゃうと、ペルソナが出来ないことには、記事が書き始められませんからね。

 

そんな小むずしいことを考えるのではなく、最初は誰でもいいです。

 

まず、あなたの身近にいる一人に対し、あなたが伝えたいことを教える、という気持ちで記事を書いて下さい。

 

会社の人や友人知人、あるいは親御さんでもいいでしょう。

 

とにかく一人に向けて書く、という意識を持って書き始めて下さい。

 

わかりやすい言葉をつかう。

 

最初に、一人に向けて書くことが大事と書きましたが、その理由のひとつがこれです。

 

ブログは不特定多数に見られるものですが、あなたが必要としている人ってのは、実は限られています。

 

例えば、あなたは「ららぽーと」のテナントの、靴屋さんに勤めていると仮定してください。

 

ららぽーとには、毎日たくさんのお客様が来店されます。

 

そして、お客様の目的はそれぞれ違います。

 

眼鏡を買いに来た人、AUショップに来る人、あるいは地下の食品売り場で、魚を買いたいと思って来店する人もいるでしょう。

 

あなたはそんな全ての方を対象に、靴屋さんでPOPを書くでしょうか?

 

赤い眼鏡を買ったなら靴もコーディネートしなきゃ

スマホを変えるならまずは足元から

今日のうまずらはぎに合う靴はこちら

 

こんなこと、絶対書きませんよね?

 

あなたが書くPOPは、靴を買いに来た人だけを対象にするはずです。

 

そして、商品の魅力を伝えるように、わかりやすい言葉をつかうでしょ?

 

それとブログの記事もいっしょ。

 

ブログ記事は対象を絞って、わかりやすい言葉で書きましょう。

 

 

誤字・脱字を無くす。

 

これは当たり前のことなんですが、自省の意味も込めてお伝えします。

 

ブログ記事は基本的にパソコンで書くので、タイピングミスが起こりやすいんです。

 

投稿前とか翌日に見直すクセをつけなきゃ、けっこう恥ずかしいことになりますよ。

 

中には、自称コンサル生をたくさん抱えている人が

私は月収30万円達成者を、次々に排出してます

なんて平気で書いて、ずっと放置してたりしますからね。

 

こういうのがあると、読者さんからの信頼を無くしてしまいかねません。

 

気を付けましょう。

 

余談ですが、メールの場合は、相手に送っちゃうと修正が利かないので、こちらも注意したいですね。

 

改行を意識する。

 

改行がまったく無いとか、一文が長い記事ってのは、読者が読む気を無くします。

 

せっかく良い記事を書いても、ブラウザ上で表示される形で、読む気を無くされては意味がありません。

 

一文は、できるだけ簡潔にするのが理想です。

 

そして一文ごとに、適度な改行をすると良いでしょう。

 

この記事でいうとこんな感じですね。

ペルソナとは、マーケティングにおいて活用される考え方で、この意味をわかりやすく言えば、ある商品の購入者は、どのような人間かを、具体的にビジョン化することです。

 

ペルソナとは、マーケティングにおいて活用される考え方です。

 

この意味をわかりやすく言えば、ある商品の購入者はどのような人間か。

 

それを具体的にビジョン化することです。

 

適度な改行が無いと、読んでてなんか息切れしちゃう感じになりますよね。

 

そうなると、読者さんには、あなたが言いたいことが伝わりにくくなります。

 

それを避けるよう、改行は意識してください。

 

漢字とひらがな、どちらにするか判断する。

 

漢字とひらがなで、どちらで書くか?

 

ここもわかりやすい表現に通じるんですが、これって結構悩むと思うんですよ。

 

ちょっと話はそれますが、ドラクエの作者である堀井雄二さんは、ドラクエの開発当初

漢字とひらがなはどう区別します?

とスタッフに聞かれ

少年ジャンプの表現を参考にしよう

といったそうです。

 

ボクはブログ記事も、堀井さんと同じような発想でよいと考えています。

 

といっても、ジャンプを参考にってことではないですよ。

 

ボクが参考にすべきと思うのは、既存のWebページです。

 

例えば「勿論」という言葉を使いたい場合。

 

勿論」と「もちろん」を検索してみると、こんな結果です。



 

てことは、この場合「もちろん」とひらがなで表現したほうが良いと判断できます。

 

だって、世のWEBページでは、圧倒的にひらがな表記が多いんですから、読者さんも見慣れているってことですからね。

 

まとめ

 

今日は、超初心者がブログ記事を書き始める際、意識すべき5つのポイントをお伝えしました。

 

・ブログ記事は身近にいる一人に向けて書く。

・相手にわかりやすい言葉をつかう。

・誤字・脱字を無くすために、翌日自分で読み直す。

・相手に読む気をなくさせないよう、適度に改行する。

・漢字かひらがなか?どちらか悩んだ時には検索する。

 

こういう細かいところを意識することで、あなたも相手に読まれやすい記事が書けるようになっていきますよ。

 

 

みつおへメールしてみる?

 


メルマガ会員様募集中です♪



 

ネットビジネスで稼ぐには必須 無料で使えるツール5選


やっぱり1年以上放置しておくと、ブログのパワーは激減しますねえ。

 

以前はこのブログ、【ネットビジネス ツール】で検索すると、1位~3位に表示されていたんですが、今では20位前後をうろうろする始末。

 

なので、ここらでちょっとテコ入れしようと思います。

 

今日の記事は、完全に新規アクセス狙い。

 

したがいまして、既存の読者さまには「今さら的な内容」に終始しますので、スルーして下さいませ。

 

アフィリエイトで稼ぐために使うべき5つの無料ツール

 

・ワードプレス(Wordpress)

 

・ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

 

・Google広告 キーワードプランナー

 

・Google Search Console

 

・Google アナリティクス

 

物販・サービス・アプリDL・登録・情報商材など、成果報酬型のアフィリエイトから、アドセンスを代表するクリック課金型まで。

 

その全てにおいて使える、いや使うべき上記5つのツールをご紹介します。

 

ツール屋のボクがいうのもなんですが、アフィリエイトで稼ぐためには、実際この5つだけで十分だったりします。

 

記事が書ければの話ですがねw

 

すべて無料で使えるので、使わない手は無いです。

 

ていうか、これらを使わないと、何をどうやって稼ぐの?

 

っていう話ですので、ネットビジネスの基本と認識してください。

 

ワードプレス(Wordpress)

 

今、あなたがご覧になっているこのページ(ブログ)は、ワードプレスで構成されています。

 

ワードプレスとは、CMSの一つで…

 

と、ややこしい話はボクも知らないので簡単に説明しましょう。

 

ワードプレスとは、ど素人でもホームページを運営できるよう、あらかじめパッケージされたものです。

 

要はワードプレス=ホームページ、と認識しても問題ありません。

 

そして、ホームページとは、いわばお店です。

 

八百屋さんなら、野菜という商材を並べて、お客様を招きますよね?

 

同じように、ホームページには、コンテンツという商材を並べてお客様をお呼びします。

 

無料であなたのお店が建てられる。

 

オフラインの世界では、まずあり得ませんよね。

 

でもWEBの世界では、それが実現できるんです。

 

ただ、オフラインでいうところの、土地代だけは掛かります。

 

それがレンタルサーバー代ですね。

 

実世界で空中にお店を建てられないように、サーバーを借りないと、ワードプレスは設置できないんです。

 

なのでここには費用がかかります。

 

とはいえ、今やレンタルサーバーも、月々250円程度から借りられます。

 

これくらいなら、必要経費と割り切れる金額でしょ?

 

しかも今では、ほぼどこのレンタルサーバーでも、ワードプレスの簡易インストール機能がついています。

 

昔はデータベースを自分で用意して、ファイルを一個づつアップしてたんですけどねえ…

 

本当に便利になったものです。

 

 

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

 

ワードプレスで、あなたのお店は作れました。

 

次に決めるのは「何を売るお店なのか」ですよね?

 

これを実社会で考えてみます。

 

例えばですが、あなたはラーメンが好きなので、ラーメン屋さんを作ったとしましょう。

 

特に、あなたはとんこつしょうゆがお好き、いわゆる家系ラーメン派だったとします。

 

そうなると、あなた好みのラーメンだけを売りたい、となりがちなんですが、お店を繁盛させるには、お客様のニーに合わせなければなりません。

 

世の中には、塩派・味噌派も多数いますし、ダシも魚介系・鳥系・野菜系と好みが分かれますからね。

 

そこで、やらなければならないのがリサーチです。

 

世間では、どのようなラーメンが好まれているのか?

 

すなわち「ニーズ」を調べる必要があります。

 

その役割を担うのがこのツール。

 

ラッコキーワード

 

試しに↑のリンクでは「ラーメン+系」のリサーチ結果を表示させています。

 

ここで表示されているキーワードは、サジェストキーワードと言われているものです。

 

サジェストキーワード=関連キーワードと覚えて下さい。

 

そして関連キーワード=ユーザーが実際に検索しているキーワードです。

 

つまり「ラーメン+系」に加わる●●の部分は、ユーザーのニーズということになります。

 

ニーズは文字通り、ユーザーが求めているもの。

 

お店を繁盛させるためには、お客様のニーズに応えることが何より大切です。

 

オフラインの場合、顧客のニーズを調べるためには、店内や該当でアンケートをとるしかありません。

 

そうなれば、当然手間や労力、そして費用がかかります。

 

しかしWEBの場合は、こんなに簡単に、しかも無料で顧客のニーズが調べられるんです。

 

使わない手はありませんよね。

 

Google広告 キーワードプランナー

 

ラッコキーワードで顧客のニーズはわかりました。

 

でも、ご覧になったとおり、顧客のニーズは多岐に渡ります。

 

ラーメンのメニューでいうと、二郎系とか岡山系とかチャッチャ系とかもあるでしょ?

 

これらのニーズに全て応えるってのは、事実上不可能です。

 

だってお店でそれを出すのには、全部のレシピを覚えなくてはいけませんし、材料の仕入れも必要ですからね。

 

そこで必要なのが、優先順位をつけるってこと。

 

あなたのお店で、揃えるべきメニューは何なのか?

 

それを考えた場合、利益を出すことを念頭におけば、大きな売上が見込めるメニューに絞るべきです。

 

となれば必然的に、求める顧客の数が多い商品ってことになります。

 

それを調べられるのが、キーワードプランナーなんです。

 

https://ads.google.com/

 

さっきのメニューで、ちょっと調べてみましょう。

 

こんな具合です。

 



 

この結果からみると、岡山系よりチャッチャ系、チャッチャ系よりも二郎系のほうが、ニーズがあると読み取れます。

 

つまり、仮にすべてのメニューをお客様にお出しするとしても、材料の仕込みは二郎系を一番に、続いてチャッチャ系と岡山系にする必要があるってことです。

 

でもこれだけニーズに差があるのですから、儲けを考えれば、二郎系に絞ってメニューを構築する。

 

それが現実的ですし、そういう風に使うべきなのが、キーワードプランナーなのです。

 

Google Search Console(サーチコンソール)

 

ここまでで、あなたのお店は出来たました

 

お店で扱う商品(コンテンツ)は、多くの顧客のニーズに応えるものですから、お店は大繁盛のはず。

 

と、いいたいところですが、商売はそんなに甘くありません。

 

なぜなら、お客様は基本わがままであり、時代はずっと動いているからです。

 

わかりやすく言えば、お客様ってのは常に移り気であるってこと。

 

例えばラーメンの場合、あなたは同じラーメンを、毎日食べたいでしょうか?

 

また、提供する立場にしても、毎回完璧に同じラーメンをお客様にお出しできるでしょうか?

 

更にいえば、あなたが近所で評判のラーメン屋さんに行ったとしてします。

 

そこで出てきたラーメンの味が、本当は好きじゃあないんだけど、それをお店の人に言えるでしょうか?

 

ボクは言いません。

 

二度とそのお店に行かないってだけで、文句はいわないんです。

 

お店を繁盛させるために必要なのは、このような「声なき声」を拾うこと。

 

スーパーとかでもよくあるでしょ?

 

お客様の声をお聞かせください的なアンケートボックスが。

 

それをWEB上で叶えてくれるのが、サーチコンソールなんです。

 

あなたのワードプレスを、サーチコンソールに登録することにより、顧客の潜在的なニーズを数値をもって教えてくれます。

 

ラーメン屋さんでいうと、こんなイメージでしょうか。

 

・「麺かため ラーメン屋 ●●駅」

・「油濃いめ ラーメン屋 ●●町」

・「●●屋 店員 態度」

・「●●屋 評判」

・「●●屋 飽きた 近く」

 

このようなキーワードで、どれだけの人が検索しているのか?

 

そして実際に、あなたのお店(ワードプレス)に何人アクセスされているのか?

 

いわゆる「顧客の生の声」が、サーチコンソールでわかります。

 

これらデータは、お店の商品や接客態度などを改善するために、とても重要な情報となりますので、必ず活用しましょう。

 

Google アナリティクス

 

最後にこれ、Google アナリティクス

 

このツールの役割は、いわばメニューの選定ですかね。

 

例えばお店に、ラーメンを含めメニューが50個あったとしましょう。

 

その中で、どのメニューが人気があるのか?

 

実際にあなたがお店に立っていた場合、1日単位程度なら把握はできるでしょう。

 

だから明日も、同じ数をまかなえる分だけの仕入れをしたとします

 

でもさっき書いたとおり、お客様ってのはわがままであり移り気。

 

今日出た分だけ明日も出るとは限らないんです。

 

そうなると、材料が足りなければ機会損失になるし、余ってしまったらロスになる。

 

ほんと、オフラインビジネスの経営ってのは、シビアなんですよ。

 

でも、Googleアナリティクスを利用することにより、明確になるんです。

 

お店を開店し、1カ月、2カ月…半年と経過したとき、何がうちの稼ぎ頭か?

 

逆に全然売れないメニューは何なのか?

 

それが数値としてわかります

 

これは特にアドセンスで有効なんですが、稼いでいるページとそうでないページのデータがわかるんです。

 

これがわかれば、さっきのサーチコンソールと照らし合わせることにより、稼げるページを増やせるし、逆に稼いで

いないページの底上げも出来ます。

 

リアルな店舗でいうところの、売上伝票とそれを分析してくれる事務方的な役割でしょうか。

 

あなたがアドセンスやるなら、Googleアナリティクスの導入は、必須と覚えておいて下さいね。

 

ネットビジネスの有利な点を実感します。

 

ではまとめましょう。

 

今日は5つの使えるアフィリエイトツールをご紹介しました。

 

実店舗を構えた場合、運転資金を回しながら調べていかなければならない、下記3項目

 

・売れるもの

・それがどれくらい売れるのか

・売れないもの

 

今日紹介したツールを使いこなせば、これらが費用をかけずにわかります。

 

こうしてみると、ネットビジネスって、オフラインビジネスとは比較にならないほど、大きなアドバンテージがあることを、あらためて実感しちゃいますね、

 

 

 

みつおへメールしてみる?

 


メルマガ会員様募集中です♪

BuzzVideo(バズビデオ)の転載動画をみて思うこと。


オフライン事業のクライアントさんであるYさんから、昨日LINEが来ました。

内容は

●●(オーナーの名前)の、バースデー動画の編集をお願いしたいんだけど

とのこと。

 

どうやらスタッフのみんなが、オーナーに対してビデオメッセージを撮るので、それを集めて編集して欲しいってことらしいです。

 

というのも、ボクは以前Yさんに頼まれて、このお店のPVを作ったんですよ。

HPに掲載されている、有り合わせの素材だけで簡単に。

 

でもその出来ばえが、Yさんの想像していたクオリティよりも、ずっと高かったらしく、今回のおかわりオーダーになったんです。

Yさんからはあれ以来、久しぶりなデジタル依頼。

 

みつお、ちょっと腕がなってます。

 

動画編集ソフト【Filmora】いいですよ。

 

ってことで、最近起動してなかったFilmora9を開いてみました。

 

ボクは基本的にテキスト派。

なのでみつおゼミ開講以来、サンプル記事とかを毎日書いているんですが、ぜんぜんストレスを感じません。

 

ただ動画編集とかは、ものの数分の動画を作るだけで、ストレスを感じてたんです。

Camtasiaを使ってたときは特にそうでしたね。

 

最初のころなんか、なんか左に全部ぎゅっとよっちゃったりして、すげーイライラしたもんです。

でも、Filmora9は、チュートリアルを見なくても、感覚的に操作ができます。

 

中国メーカーだからという理由なのか?

ネットではたまに叩かれているのを見ますけど、少なくともボクは、他のソフトよりも使いやすいと感じますよ。

 

転載判定を受けにくくする方法を教えるってどうなの?

 

てことで、今日の本題。

先人は昔からこういいます。

知識がないなら付ければいい

記事が書けないなら、書けるようになるしかない

ボクもまったく同意見です。

 

そしてこれにちょっと追加して、ボクは

ストレスを感じるなら、感じないようにすればいい

といいたいです。

 

さっき書いたとおり、ボクは動画編集にストレスを感じていたので、いろいろなソフトを試し、Filmoraにたどりつきました。

云十万円とはいいませんが、当然それなりに投資をしてきたんです。

 

なぜなら、これはオリジナル動画を作成するに、絶対に必要な投資だと思ったからですね。

 

でもバズビデオで稼いでいる人ってのは、どうもボクとは発想が違います。

みてると

・いかに早く転載できる動画をみつけられるか。

・いかに手間無く転載判定を受けないようにできるか。

・いかに楽して大量の動画をアップするか。

こんなことに命を懸けているご様子です。

 

百歩譲って最後のはいいでしょう。

自分で作った動画を、効率良くアップするツールが欲しい、ってのならわかりますもん。

 

只、その前のふたつ、ボクには理不尽に映ってしかたがありません。

 

要約すると

人の動画で銭もうけして、それがバレないようにはどうすればいいか?

ってことでしょ?

 

こんな発想、泥棒以外の何者でもないじゃあないですか。

 

しかも、この手の方法を教えている人がいるらしくてですね。

ボクのクライアントさんから伺ったところ、

今バズビデオで稼いでいる人は、ほぼ転載動画ですよ

と、自慢げに語っているようでして。

 

まあ恐らく、若者がやんちゃしてるんだと思うんですけどね。

 

断言しますが、そんなことを推奨する人とのお付き合いは、考えたほうが良いです。

そんな輩は十中八九、短命におわる人ですから。

 

バズビデオも、中国企業が運営しているからと、タカを括っているのかもですが、因果は必ず回ってきますからね。

 

 

 

みつおへメールしてみる?

 


メルマガ会員様募集中です♪



 

管理人プロフィール

管理人のみつおです。

ネットビジネスを始めて丸10年。

転売からはじまり、アフィリエイト、情報販売、ツール販売、そしてコンサル業務と経てきたら、気がつくと自分の会社が出来てました。

この業界、とかくサラリーマンに対し、社畜という表現で、「ネットこそ最高のビジネス環境」という印象を持たされ、起業などを薦められますが、 会社勤めをしながらでも、小遣い程度のお金になら、100%困ることの無いスキルは身に付けられます。

そこから先は、あなたの考え方と、何よりも行動次第です。

論より証拠。
みつおの略歴を見てって下さい♪みつおの略歴

メールフォーム

アフィリエイトに関する事はもちろん、オークション含めネットビジネス全般の事はお気軽にメール下さいね(^^♪
(通常は即日即時お返事してます♪)
メルマガ登録はこちら

無料レポートのパスワードは
メルマガに記載されています♪
みつおの特選コンテンツ
カテゴリー
アーカイブ
キーワード選定を機械的に行うなら
ツール屋みつおのガチ推しツール
PSWバージョン2も絶好調
1000%稼げる即金ノウハウ
サイト内検索
最新記事20
タグクラウド